幼稚部

児童の年齢、および日本語習得レベルに合わせたクラス編成。

絵本、紙芝居の読み聞かせ、童謡、わらべ歌、お遊戯など音楽やリズムをつかった遊び、塗る、切る、貼るなどの作業によって、日本の行事にちなんだ作品を作る工作を通じて、日本語に慣れ親しみ、興味を持たせる保育を行う。

また、正しい鉛筆の持ち方の指導から始まり、フラッシュカードやブロックを用いたひらがな50音の読み書きの練習、同じ読みで意味の違う言葉の理解など、将来の日本語教育の下地を構築していく。

 

幼稚部の一日の流れ(例)

8:45-9:00 朝のあいさつ、出席確認

9:00-9:20 今週の歌、宿題の発表

9:20-9:50 ひらがなの時間

9:50-10:00 トイレ、手洗い

10:00-10:35 おやつ、集団遊び(伝承遊び、ゲーム遊び、リズム遊びなど)

10:35-10:40 トイレ、手洗い

10:40-11:00 読み聞かせ、手遊び、歌遊び

11:00-11:30 工作(日本の行事を取り入れて、ぬる、切る、貼るなど)

11:30-12:00 数、数字の学習

12:00-12:20 一日のまとめ(習ったこと、覚えたことをお話する)

12:20-12:30 帰りのあいさつ

 

 

普通部

文部科学省指定の教科書を用いて小学校1年生から中学3年生までの国語と算数(数学)を修学。

将来、日本の学校に編入できるよう、日本の学校制度に基づいた教育カリキュラムを行う。

 

普通部の1日の流れ(例)

8:45-9:00 ホームルーム

9:00-9:45 第1校時 国語

9:55-10:40 第2校時 国語

10:50-11:35 第3校時 算数(数学)

11:45-12:30 第4校時 算数(数学)

国際部

6歳から14歳までの児童を対象とした、日本語習得レベル別4クラス編成。

コース全体を通じて日本語の語彙1500語以上、漢字440字を学習する。

また年度末のスピーチコンテストや日本の行事を体験することにより、日本語の表現力、日本文化への理解を高め、国際的な視野をもつ生徒を育てることを目標とする。

6歳から12歳までの児童を対象にした初歩の日本語を習得するクラス。

ひらがなの読み書きをはじめ、挨拶、自己紹介、日常生活の動作の表現などを簡単な名詞文と動詞文で学習していく。

また日本の文化や語彙をクラスでの経験を通じて学べるよう毎月のカレンダー作り、季節に合わせた日本の歌、工作やゲームなどを取り入れ、日本語に興味を持たせる授業をおこなう。

L100を修了、またはひらがなを習得した生徒を対象としたクラス。

カタカナの読み書き、カタカナを使った語彙の学習の後、漢字能力検定10級程度の基本的な漢字の読み書き、筆順を指導する。また形容詞文、形容動詞文、動詞文の学習を通じて、様々な日本語の表現の習

得を、日本の歌やゲームなども用い、楽しく学習する。

初級日本語レベルを修了、および漢字能力検定10級の漢字を習得した生徒を対象としたクラス。

漢字能力検定9級程度の漢字の読み書き、筆順の細かい指導を行う。動詞の活用を学習することより、様々な日本語の表現を学習する。

日本語の総合的な能力「読む、書く、聞く、話す」を文法、語彙、音読、文章作成の課題を通じ、また日本語での会話、スピーチ、インタビュー活動などのアクティビティーを積極的に行うことにより養っていく。

中級日本語レベルを修了、および漢字能力検定9級の漢字を習得した生徒を対象としたクラス。

漢字能力検定8級程度の漢字の読み書き、筆順の細かい指導を行う。

初級、中級で習得した学習内容をもとに、作文、プロジェクトの発表、スピーチなどの活動を通して、さらに高度な読解力、聴解力、会話力を習得する。