幼稚部

児童の年齢、および日本語習得レベルに合わせたクラス編成。

絵本、紙芝居の読み聞かせ、童謡、わらべ歌、お遊戯など音楽やリズムをつかった遊び、塗る、切る、貼るなどの作業によって、日本の行事にちなんだ作品を作る工作を通じて、日本語に慣れ親しみ、興味を持たせる保育を行う。

また、正しい鉛筆の持ち方の指導から始まり、フラッシュカードやブロックを用いたひらがな50音の読み書きの練習、同じ読みで意味の違う言葉の理解など、将来の日本語教育の下地を構築していく。

 

幼稚部の一日の流れ(例)

8:45-9:00 朝のあいさつ、出席確認

9:00-9:20 今週の歌、宿題の発表

9:20-9:50 ひらがなの時間

9:50-10:00 トイレ、手洗い

10:00-10:35 おやつ、集団遊び(伝承遊び、ゲーム遊び、リズム遊びなど)

10:35-10:40 トイレ、手洗い

10:40-11:00 読み聞かせ、手遊び、歌遊び

11:00-11:30 工作(日本の行事を取り入れて、ぬる、切る、貼るなど)

11:30-12:00 数、数字の学習

12:00-12:20 一日のまとめ(習ったこと、覚えたことをお話する)

12:20-12:30 帰りのあいさつ

 

普通部

文部科学省指定の教科書を用いて小学校1年生から中学3年生までの国語と算数(数学)を修学。

将来、日本の学校に編入できるよう、日本の学校制度に基づいた教育カリキュラムを行う。

 

普通部の1日の流れ(例)

8:45-9:00 ホームルーム

9:00-9:45 第1校時 国語

9:55-10:40 第2校時 国語

10:50-11:35 第3校時 算数(数学)

11:45-12:30 第4校時 算数(数学)

国際部

6歳から14歳までの児童を対象とした、日本語習得レベル別4クラス編成。

コース全体を通じて日本語の語彙1500語以上、漢字440字を学習する。

また年度末のスピーチコンテストや日本の行事を体験することにより、日本語の表現力、日本文化への理解を高め、国際的な視野をもつ生徒を育てることを目標とする。